宇宙

国内ニュース

【JAXA】はやぶさ2、小惑星リュウグウを出発。来年末に地球に帰還し試料が入ったカプセルを投下する予定

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日午前10時すぎ、探査機「はやぶさ2」を小惑星「りゅうぐう」から出発させた。順調にいけば、来年末に地球に帰還し、りゅうぐうで採取した砂などの試料が入ったカプセルを投下する。 はやぶさ2はりゅうぐうから約20キロ離れた定位置(ホームポジション)で化学エンジンを噴射し、秒速約10センチで離脱した。
国内ニュース

【��】H2Bロケット打ち上げ成功 「こうのとり」をISSへ *映像あり

国際宇宙ステーション(ISS)に物資を運ぶ無人補給船「こうのとり(HTV)」を搭載したH2Bロケット8号機が25日午前1時5分、種子島宇宙センター(鹿児島県)から打ち上げられた。約15分後、HTVを予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した。  当初は11日に打ち上げられる予定だったが、発射台で火災が発生して延期。静電気で断熱材が燃え
国際ニュース

月にクマムシを解き放った研究者 「ノアの方舟計画だ。人類絶滅後、知的生命体が人類を復活させる」

今年4月、月面に墜落したイスラエルの探査機「ベレシート」に乗せられていた数千匹の「クマムシ」は、月で生き延びていずれ息を吹き返すかもしれない――。プロジェクト関係者がそんな見通しを明らかにした。 クマムシは緩歩動物と呼ばれる微小生物で、体長は1ミリに満たず、超低温などの過酷な環境に耐えられる驚異的な生命力をもつ。
国内ニュース

【大変よくできました】はやぶさ2成功で関係者喜びの会見 津田雄一PM「100点満点の1000点」

 採点すると100点満点の1000点――。探査機「はやぶさ2」が11日、 小惑星リュウグウへの2回目の着陸を成功させた。太陽系が生まれた 46億年前の姿を残すとされる小惑星の、さらに太陽などの影響を受けていない地下の物質の採取に成功したとみられる。津田雄一・プロジェクトマネジャーは11日午後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇
国内ニュース

【はやぶさ2】午前10時50分すぎ、大きな歓声と拍手。JAXA「弾丸の発射を確認。“大成功”と言っていい」官房副長官「素晴らしい成果だ」

小惑星内部の岩石を採取する世界初のミッションに挑戦している探査機「はやぶさ2」について、JAXA=宇宙航空研究開発機構は、詳細なデータを確認した結果、小惑星「リュウグウ」への着陸に成功したと発表しました。JAXAはこのあと記者会見を開き、着陸の状況を説明することにしています。
国内ニュース

【科学】無燃料ロケット、電磁波で飛ばす 東大グループ考案 地上から照射、物資輸送向け

米国の宇宙船アポロ11号の月面着陸から今年で半世紀。今や国内外の企業が商業用ロケットのコスト削減を競う。東京大学などのグループは物資を宇宙に大量輸送する未来を見据え、従来のロケットとは全く異なる打ち上げ方式を考案した。燃料を積まずに、地上から電磁波のビームをロケットに向けて照射し、そのエネルギーで推進する。
国内ニュース

ホリエモンロケット、打ち上げ成功 民間単独で国内初

元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)の小型ロケット「MO(モ)MO(モ)」3号機が4日午前5時45分、 北海道大樹町から打ち上げられた。ロケットは数分後、民間単独のロケットとして国内初めて高度100キロの宇宙空間に到達。打ち上げは成功した。機体は太平洋上に着水した。
国際ニュース

ゴーと低い音、火星の地震? NASA探査機が初観測か

米航空宇宙局(NASA)は23日、火星に着陸した探査機「インサイト」が、地震で生じたと見られる振動の記録に成功したと発表した。発生源は調査中だが、火星で地震が観測されれば初めてとなる。 NASAによると、今月6日、探査機につけられた地震計がかすかな揺れを記録。音声として復元したものを公開した。火星の風の音の後
地方ニュース

【宇宙】ホリエモンロケットMOMO(モモ)3号機、30日に打ち上げ 「できることは全てやった」

北海道大樹町の宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」は12日、自社開発の小型ロケットMOMO(モモ)3号機の機体を公開し、4月30日に同町の実験場から打ち上げると発表した。 成功すれば民間企業が単独開発したロケットとしては日本初で、国主導の宇宙開発に新風を吹き込むことになる。 昨年6月、MOMO2号機が打ち上げ直後に
国内ニュース

【世界初!】『はやぶさ2』小惑星に金属弾を発射 人工クレーター形成に成功

「はやぶさ2」小惑星に金属弾を発射 世界初の人工クレーター形成に成功(16:36)中継再開【生中継LIVE】「はやぶさ2」ミッション最新状況 JAXA会見
2019.04.13
国内ニュース

【東大発表】危機一髪?直径8mの小惑星、地球をかすめていた

直径約8メートルの小惑星が16日、地球をかすめるように通過したと、東京大木曽観測所(長野県木曽町)が20日発表した。地球と月の間の約半分にあたる22万キロの距離だったという。昨年末には、10メートルほどの小惑星がベーリング海上空に落下したことも判明しており、地球には頻繁に小惑星が接近していることが分かってきた。
2019.04.13
東アジアニュース

「韓国も月宇宙ステーション建設参加する」 宇宙開発ロードマップ発表

韓国政府がアメリカ航空宇宙局(NASA)が主導する「月軌道プラットホームゲートウェイ(LOP-G)」建設への参加を初めて公式に発表した。LOP-Gは現在運営中の国際宇宙ステーション(ISS)に代わり今後月・火星有人探査の前哨基地になる「次世代ISS」だ。政府は6日、京畿道(キョンギド)政府果川
2019.04.13
国内ニュース

【宇宙】日本の探査機「はやぶさ2」小惑星リュウグウに着陸成功

はやぶさ2 小惑星リュウグウに着陸成功 探査機はやぶさが小惑星リュウグウへの着陸に成功した。 JAXAによると、「はやぶさ2」は21日から順調に高度を下げ、当初の予定通り22日朝、地球から約3億キロ離れた小惑星リュウグウに着陸した。 着陸予定地は、大きな岩などに囲まれた半径3メートルと極めて狭く、難易度の高いミッションだった。
2019.04.13
東アジアニュース

【中国】史上初。月にて植物が芽を出す

史上初。月にて植物が芽を出す ■月面が蝿の王国になるかも…? 1月3日の朝、中国が月の裏側に着陸させた探査機「嫦...
2019.04.15
国内ニュース

1月3日未明の「火球」は徳島・剣山周辺に落下か 天文愛好家団体が推定

1月3日未明の「火球」は徳島・剣山周辺に落下か 天文愛好家団体が推定 3日未明に西日本を中心とする各地で目撃さ...
2019.04.15
国内ニュース

早朝の空に “火の玉” 「火球に間違いない」専門家

早朝の空に “火の玉” 「火球に間違いない」専門家 3日朝早く、西日本の上空で光の玉のようなものが流れ落ちる様子が...
2019.04.12