北米

国際ニュース

【LGBT】米ボストンで「ストレートパレード」「LGBTが特権になっている」「私たちは自由に発言できない」

毎年開かれる性的少数者(LGBT)のパレードに対抗し、異性愛者のための行進「ストレートパレード」が8月31日、米ボストンで行われ、トランプ大統領の支持者を中心に約200人が参加した。開催をめぐってはLGBTを侮辱する「ヘイトスピーチ(憎悪表現)」と非難が殺到。多数の警察官が厳重な警備体制を敷く中、パレードの参加
国際ニュース

【米中】米トランプ政権、対中制裁第4弾を発動。中国も同時報復。世界経済に混乱が波及する恐れ

トランプ米政権は米東部時間1日午前0時1分(日本時間午後1時1分)、まだ制裁対象にしていない3000億ドル(約32兆円)規模の中国からの輸入品の大半に15%の追加関税を課す対中制裁第4弾の 一部発動に踏み切った。中国政府も同時刻、750億ドル規模の米国製品に5%か10%の追加関税を課す報復措置の一部を実行に移した。米中は12月15日に残りを発動する。
国際ニュース

【台湾】米政府に「台湾買って」 台湾外交部「売り物ではない」★2

米ホワイトハウスの請願サイト「ウィー・ザ・ピープル」に、台湾を買うよう米政府に求める案が寄せられた。 外交部(外務省)の欧江安報道官は29日、台湾は売り物ではないとした上で、いかなる国に購入されることもないとの立場を示した。 請願では、「台湾はインド太平洋戦略において不可欠な部分だ」とし、
東アジアニュース

韓国大統領府、26ヶ所の在韓米軍基地の早期返還を推進することを発表

韓国大統領府は30日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、26ヶ所の在韓米軍基地の早期返還を推進することにしたと発表した。 特にソウル龍山基地は返還作業を今年中に開始することにした。 韓国大統領府がNSCまで開いて在韓米軍基地の早期返還方針を公開したのは異例だ。
東アジアニュース

ハリス在韓米国大使、重要行事を次々キャンセル、SHAKE SHACKでハンバーガーを食べる →韓国人激怒

ハリー・ハリス駐韓米国大使が在郷軍人会(以下郷軍)など公開イベントがキャンセルされた29日、米国のハンバーガーフランチャイズ開店式に参加したことが確認された。 30日、駐韓米国大使館などによると、ハリス大使は前日の午後2時頃から約40分間鍾路区公坪洞にあるシェイクシャック鐘閣店開店式に参加した。
国際ニュース

「パンダが米中貿易摩擦に巻き込まれる?」米有力紙報道

「パンダが米中貿易摩擦に巻き込まれる?」米有力紙報道 米中の貿易摩擦による関係悪化が、両国の友好の証しにも及んでしまうのでしょうか。アメリカの有力紙は、 およそ20年にわたり中国から首都ワシントンの動物園に貸し出されている2頭のパンダが、来年以降、返還されるおそれがあると報じました。 このパンダは、中国から首都ワシントン
東アジアニュース

韓国、抗議で米大使呼び出しメディア公開し、「批判すな」と要求⇒韓国外交関係者「前代未聞でgkbr」

韓国外交部の趙世暎第1次官が28日、ハリー・ハリス駐韓米国大使を呼び出し、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定に対する米政府の「公の場での批判自制」を要求したことをめぐり、ソウルの外交関係者の間からは「韓米外交史では非常にまれなこと」という反応が出ている。韓国外交部元次官ら複数
国際ニュース

米国防総省、ベトナムEEZ内での中国調査船の活動について 「いじめの戦術で国際社会の尊敬は勝ち取れない」

シナ海のベトナムのEEZ=排他的経済水域で、中国の調査船などの活動が確認されていることについて、アメリカ国防総省は、「いじめの戦術で国際社会の尊敬は勝ち取れない」と、強く非難する声明を出しました。 ベトナム政府は、中国の調査船と護衛船が先月から今月にかけてベトナムのEEZで違法な活動を断続的に行っているとして、中国に抗議しています。
東アジアニュース

コレグジット(Korea+exit) 韓国が「西側」離脱し「中国側の国」に 米国が韓国潰しへ

韓国の日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄によって「コレグジット」が決定的になった。 これは韓国の旧西側諸国(自由主義陣営)からの離脱を意味するもので、「KOREA+EXIT」からなる造語である。  昨年から今年にかけて、韓国は元徴用工訴訟や従軍慰安婦問題、海上自衛隊へのレーダー照射問題など
国際ニュース

日米に広がる「韓国無用論」 条約も国際社会の常識も守らない見境のなさ 米国は韓国内の「クーデター」を期待?

日本政府の輸出管理強化に逆上して報復措置を振りかざし、 ついには米国の要請で締結した日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)まで破棄してしまった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権。条約も国際社会の常識も守ろうとしない見境のなさに、日米で「韓国無用論」が広がっていると国際投資アナリストの大原浩氏は指摘する。
国際ニュース

【G7】トランプ大統領「韓国の態度はひどい。賢くない。彼らは金正恩になめられている」

先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)初日の24日夜(日本時間25日午前)の外交安全保障に関する討議で、トランプ米大統領が韓国の文在寅大統領を批判していたことがわかった。複数の政府関係者が明らかにした。米国の再三の要請にもかかわらず、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したことや、
国際ニュース

【日米貿易交渉】日本が攻める主力の自動車関税撤廃は見送り 日本は市場の大幅開放で国内農業への影響必至

日米両政府は23日(日本時間24日)、貿易協定交渉を巡り、当地で3日間の閣僚協議を終えた。会見した茂木敏充経済再生担当相は「大きな進展があった。閣僚協議は恐らく今回で最後」と述べ、閣僚間の協議が全て終了し、事実上の大枠合意に至ったことを示唆した。焦点だった米国産牛肉と豚肉の関税は環太平洋連携協定(TPP)
国際ニュース

日米会談、韓国のGSOMIA破棄決定に言及なし

日米首脳は、北朝鮮対応を巡り日米韓3カ国の連携の重要性を確認した。日本政府によると、韓国による日韓GSOMIA(ジーソミア)破棄決定についてのやりとりはなかった。
国内ニュース

【週刊文春】“仮想脅威”は韓国 日米合同軍事演習で描かれた衝撃のシナリオ

韓国の文在寅大統領は8月15日の「光復節」の式典で、「今からでも日本が対話と協力の道へと出るのであれば、われわれは快くその手を握るはずです。公正に貿易して協力する東アジアを一緒に作っていきます」と発言し、日本への一定の“配慮”を見せた。 しかし、この発言だけで気を許してはならない。
国内ニュース

【日経新聞】韓国の情報機関の幹部、定期的に北京を訪れ、日本や米国が提供した機密情報を中国に漏らしていた ★2

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を延長しないと決めたことに日本や米国で困惑や失望が広がっている。 ただ、日本の安全保障関係者の間では事態を静観する向きが多い。 日本が提供した機密情報が韓国経由で中国などに漏れるリスクが減ることなど「今回の失効決定には利点もある」(日本の安保情報関係者)との指摘さえ聞かれる。
国際ニュース

【アメリカにケンカ】G7、日米首脳が“断韓”会談実施!? 識者「朝鮮半島“赤化”対応協議か」

安倍晋三首相は、フランス南西部ビアリッツで24~26日に開かれるG7(先進7カ国)首脳会議に合わせて、ドナルド・トランプ米大統領との日米首脳会談に臨む。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことを受け、自由主義陣営から離脱しかねない韓国への対応策を協議することになりそうだ。
国際ニュース

トランプ大統領、米企業に中国からの事業撤退を要求 ツイッターで

トランプ米大統領は23日、米企業に対し中国から事業を撤退させ、米国内での生産を拡大するよう要求した。中国が発表した対米報復関税措置に対する対応策を近く発表するとも言明した。 中国商務省は同日、対米報復関税を発動すると発表。米国から輸入する750億ドル相当の製品に対し5─10%の追加関税を課す。米国が9月1日から発動を予定す
国内ニュース

安倍首相、韓国のGSOMIA破棄に対応なし 「今後とも米国としっかり連携」 「日韓請求権協定は守って」

安倍晋三首相は23日午前、仏ピアリッツで24─26日に行われる主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)出席を前に、今後とも米国としっかり連携しつつ、地域の平和と安定の確保に努めると述べた。 官邸で記者団に対し、韓国政府が22日に日本との軍事情報包括協定(GSOMIA)を破棄すると発表したことへの見解
国際ニュース

米国務長官、韓国の日韓軍事協定破棄に「失望した」

ポンペオ米国務長官は22日、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことについて「失望した」と表明した。日韓両国が対立を早期に解消し、正常な関係に戻るよう重ねて期待を示した。 訪問先のカナダでの記者会見で語った。 米国防総省はこれに先立つ声明で「情報共有は共通の防衛政策と戦略にと
国際ニュース

【米国メディア】韓国では国を挙げての過激な反日デモと日本製品不買運動、日本は平静…期せずして両国の相違が顕わに

日韓両国の対立は米国メディアからも注目され、両国の動きを詳細に伝える報道が増えてきた。 そうした報道の多くは、韓国側では国民の間で感情的な日本叩きが激しいのに対して、日本側では見当たらないという構図で伝えられている。 日韓両国が政府レベルで衝突をエスカレートさせているが、相手国国旗への侮辱や大使館への抗議、製品ボイコットな