北米

東アジアニュース

【中央日報】米国プロレス団体WWE、日本人選手の旭日旗パフォーマンス公式謝罪

米国プロレス団体WWEが日本人選手の旭日旗パフォーマンスに対して公式謝罪をして修正した。 WWEは日本時間で今月3日に放送された自社番組「RAW」で、日本人選手・戸澤陽の登場場面で、大型スクリーンに旭日旗が入った画面をそのまま露出させた。この場面は韓国内に中継権を持つIBスポーツの生中継によって放送された。
国際ニュース

左翼政治家の狙いは福祉に頼らなければ生きていけない人の数を増やし、その票で選挙に勝つことである

前回のコラム「左翼エリートの選民思想(前編)」では、左翼エリートにとって人権は手段であって目的ではないこと、心の底ではマイノリティや非エリートを見下していることについて述べた。今回は、そうした左翼エリートの欺瞞に対して、米国のマイノリティが逆襲を始めていることを紹介したい。
東アジアニュース

トランプ大統領「敵対的な行動をとればすべてを失う」 → 北朝鮮「我々には失うものがない」

アメリカのトランプ大統領から「敵対的な行動をとればすべてを失う」と警告を受けた北朝鮮が、「我々にはもう失うものがない」と強く反発した。 トランプ大統領は8日、北朝鮮がミサイル発射施設で「非常に重大な実験」を行ったとする中、「敵対的な行動をとれば、すべてを失う」として北朝鮮の動きをけん制した。
国際ニュース

【Newsweek】対中感情が欧米で悪化、米加は過去最悪(米調査) 「アメリカ人の中国に対する見方はどんどんネガティブになっている」

<最も親中的な国はロシア、中東・アフリカ、中南米にも中国びいきの国が多い>  この10年、中国は政治的にも経済的にも影響力を増してきたが、世界の中国に対する視線は必ずしも好意的ではないことが、 ピュー・リサーチセンターの調査で明らかになった。 調査は34カ国の3万8000人以上を対象に、今年5月13日から10月2日にかけて行われた。
国際ニュース

トランプ「世界銀行はなぜ中国に金を貸しているのか。(融資を)やめろ!」

トランプ米大統領は6日、世界銀行による中国への融資計画を念頭に「世銀はなぜ中国に貸しているのか。中国はお金をたくさん持っている。(融資を)やめろ!」とツイッターで批判した。世銀は5日、中国に対し、2025年まで年10億ドル(約1080億円)~15億ドルの低利融資を行う計画を承認した。
国際ニュース

アマゾン「悪質な市場」指定検討 米政府、模倣品を問題視か

米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)は6日、米通販大手アマゾン・コムの海外市場で模倣品や海賊版が出回っているとして、 トランプ米政権が毎年改訂するリスト「悪質な市場」に同社の一部市場を指定する検討をしていると報じた。 指定されればアマゾンの知的財産権保護の姿勢に“汚名”となる。
国際ニュース

米民主党、終わる ウクライナ疑惑質問の有権者にバイデン激高 口汚く罵る その様子が全米に拡散

アメリカ大統領選挙の野党・民主党の有力候補、バイデン前副大統領が、いわゆるウクライナ疑惑への関与について質問した有権者を「うそつきめ」などと、感情をあらわにしながら激しく攻撃する一幕があり波紋を呼んでいます。 来年のアメリカ大統領選挙に向けた野党・民主党の指名争いで、支持率トップを走るバイデン前副大統領は5日、来年2月に全米に先駆けて候補者選びが行われる
国際ニュース

NATO首脳ら、トランプを笑いものにして談笑 (動画あり)

ロンドンで3日夜に開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の開幕イベントで、数人の加盟国首脳がトランプ米大統領を笑いものにする場面が撮影された。個別の首脳会談冒頭で記者団の質問に長時間答えるトランプ氏のスタイルを批判する内容で、トランプ氏の怒りを買う可能性がある。
国際ニュース

トランプ大統領、北朝鮮に軍事力行使辞さず 交渉停滞にいら立ち?

トランプ米大統領は3日、非核化交渉が停滞している北朝鮮との関係について、「必要があれば軍事力の行使も辞さない」と述べた。相次いでミサイルを発射する北朝鮮に対するいら立ちを示したものとみられる。ロンドンで行われた北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長との会談冒頭で記者団に語った。
東アジアニュース

北朝鮮「クリスマスプレゼントに何を選ぶかは米国の決心次第だ」

北朝鮮外務省のリ・テソン米国担当次官は3日、談話を発表し、大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射中止などへの見返り措置を年末までに示すよう米国に改めて要求した。「クリスマスプレゼントに何を選ぶかは米国の決心次第だ」と強調。進展がなければ対抗措置を取ることを示唆し、けん制した。朝鮮中央通信が伝えた。
東アジアニュース

中国政府 米の香港人権法に対抗措置 米艦船の香港寄港拒否 人権団体等に制裁

中国 米の「香港人権法」受け対抗措置 米軍艦船の香港寄港拒否 中国政府は、アメリカで香港での人権と民主主義を支援する法律が成立したことを受けて、その対抗措置として、アメリカ軍の艦船が香港に寄港することを拒否するとともに、アメリカの人権団体など複数のNGOに制裁を科すと発表しました。
国際ニュース

トランプ大統領、在韓米軍4000人撤収を検討 ★4

対韓「ほめ殺し作戦」功を奏さず  中断していた第11回韓米防衛費分担金特別協定(SMA)交渉が12月3、4日、ワシントンで再開する。  11月18、19日の交渉では米側が一方的に席を立った。米側のジェームズ・デハート代表(国務省軍政局特別顧問)は来年度の防衛費分担として50億ドルを韓国に要求。これに韓国側が難色を示したからだ。  あれから2週間が経った。
国際ニュース

【映画】E.T.とエリオット少年が37年ぶりに再会!感動的な“続編”が公開

スティーヴン・スピルバーグ監督のSF映画『E.T.』(1982)で友情を育んだE.T.とエリオット少年が、実に37年ぶりに再会を果たすさまを描いたショートムービーが公開された。『E.T.』でエリオット少年役を務めたヘンリー・トーマスが続投し、今や二人の子供を持つ父となったエリオットを演じている。
国際ニュース

米国にケンカを売った韓国から外国人投資家が逃避 鈴置高史「当たり前」 ネット「ジム・ロジャーズ先生は…

・韓国から外資が逃げ始めた。米国にケンカを売る韓国の将来を見切ったのだ。韓国観察者の鈴置高史氏が解説する。 ・――なぜ今、外国人が韓国株を売るのですか? 鈴置:韓国では「MSCI新興国株価指数」の算出方法の変更に伴う、一時的な現象と見る向きが多かった。
東アジアニュース

韓国・文在寅政権はこうしてアメリカの恫喝に屈した /歳川隆雄

韓国大統領府(青瓦台)は11月22日午後1時、文在寅大統領が出席した国家安全保障会議(NSC)常任委員会を開き、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効を停止することを正式決定した。 外交ルート(在韓日本大使館)を通じて日本側に通告してきたのは同日夕方で、安倍晋三首相が知らされたのは、同日に首相官邸で開催された月例経済報告関係閣僚会議直前に北村滋国
東アジアニュース

中国政府、米企業を中国市場から締め出し検討か 香港人権法案に対する報復措置

「香港人権・民主主義法」が成立した米国への報復措置として中国政府が、香港に干渉していると見なす米企業や個人をリスト化し、中国市場から締め出すことを検討していることが分かった。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(英語版)が29日までに、専門家らの話として報じた。
東アジアニュース

中国外務省「アメリカが内政干渉するなら必ず報復する」 トランプ大統領“香港法案”署名に対して

アメリカのトランプ大統領が、香港での人権と民主主義の確立を支援する法案に署名し、成立したことについて、中国外務省は声明を発表し、「中国の内政に著しく干渉し、赤裸々な覇権行為であり、中国政府と国民は断固として反対する。アメリカに独断で行動しないよう忠告する。さもなければ中国は必ず報復し、
国際ニュース

トランプ米大統領、香港での人権法案に署名、米中関係悪化不可避

アメリカのトランプ大統領は27日、香港での人権と民主主義の確立を支援する法案に署名し、成立しました。 この法案は、香港に高度な自治を認めた一国二制度が中国政府によって損なわれていないか検証し、抑圧に関わった中国の当局者への制裁を可能にする内容で、議会上下両院で可決し、大統領に提出されていました。
国内ニュース

【GSOMIA】報ステ「米国政府内に韓国への不信感が非常に広がってる。今回の対応にはうんざりだ、失望したという声が聞こえてくる」★2

ワシントン支局長 「米国政府内に韓国への不信感が非常に広がってる。国務省や国防総省の韓国担当者らの口から、今回の対応にはうんざりだ、失望したという声が聞こえてくる。そうでなくてもトランプ大統領は韓国に冷淡。大統領のブレーキ役にならなきゃいけない人達にも不信感が広がってる」 #報ステ
国際ニュース

防弾仕様の車 窓ガラスに鉄球投げたら…割れた テスラ株価下落

アメリカの電気自動車メーカー、テスラは電動のピックアップトラックを初めて公開しましたが、その性能をアピールしようとした発表会で窓ガラスが割れてしまう一幕があり、ねらいどおりとはいきませんでした。 テスラは21日、ロサンゼルス近郊で発表会を開き、初めて開発した電動のピックアップトラックを公開しました。