厚生労働

国内ニュース

【しつけ】「宿題をしなかったので夕食を与えない」「他人のものを盗んだので尻をたたく」は親の体罰…厚労省検討会が指針案 ★2

 来年4月に施行される改正児童虐待防止法で、親による体罰が禁止されたことを受け、「体罰」の定義や具体例を示した厚生労働省有識者検討会の指針案の概要が2日、わかった。しつけとの違いを明記し、「長時間の正座」「夕食を与えない」などは体罰に当たるとする内容で、3日に開かれる有識者検討会に提示される。  指針案では、「たとえ親がしつけのためだと思っても、子供の
国内ニュース

病院処方の風邪薬、花粉症薬、湿布薬など市販品類似薬 保険対象外に ★6

政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市販品類似薬)について、公的医療保険の対象から除外する方向で調整に入った。市販品は全額患者負担だが、病院で処方箋をもらって薬を購入する場合、自己負担は1~3割で、残りは税金や保険料から賄われる。政府は自己負担を引き上げることで医療費抑制につなげたい考えだ。
地方ニュース

【AM7時】仕事中の81歳派遣作業員死亡 屋外の階段で転落か【愛媛】

県内では6日、作業中の転落事故が相次ぎ、男性2人が死亡しました。 6日午前7時ごろ、松山市庄にある配水池の敷地内で、松山市善応寺の派遣作業員、正岡壽一さん(81)が倒れているのを、別の作業員が見つけました。正岡さんは救急車で病院に運ばれましたが、およそ2時間半後に死亡が確認されました。
国内ニュース

レイシャルハラスメント、法で防止を 大阪NPO「多民族共生人権教育センター」が意見書 外国人労働者受け入れで

国籍や人種への配慮を欠く言動「レイシャルハラスメント」を、企業のパワーハラスメント防止を義務づける改正労働施策総合推進法の対象にするよう、大阪市のNPO法人「多民族共生人権教育センター」が厚生労働省に意見書を提出した。今春に改正入管法が施行され、特定技能の在留資格での外国人労働者受け入れが始まる中、同センターは職場の環境整備に必要だと主張している。
国内ニュース

【小泉環境相】「ニュージーランドなら当たり前。早くああなれば良いと思う」 NZ首相と意見交換

小泉進次郎環境相は20日の記者会見で、ニュージーランドのアーダン首相と都内で面会したと明らかにし「日本では私が(育休を)検討すると言っただけで話題になった。ニュージーランドなら当たり前過ぎて話題にならなかっただろう。早くああなれば良いと思う」と述べた。 ニュージーランドでは、アーダン首相が就任後の2018年に産休を取得。
国内ニュース

中国人介護ヘルパー「ぎゃー、ジジイの体を手で洗うとか無理」 中国人ヘルパー日本で定着せず

2017年から鳴り物入りで始まった介護職種の外国人技能実習制度。特に、中国人介護技能実習生への期待は大きく、「日本の介護現場の人手不足を救う救世主になる」ともいわれていた。しかし、現状はなかなか厳しい。(日中福祉プランニング代表 王 青) 「こんなはずではなかった」――最近、外国人技能実習制度で中国人介護技能実習生
国内ニュース

【提言】経団連「氷河期世代対策に金使うならちゃんと効果検証して」雇用保険の財政悪化警戒★2

経団連は17日、政府が来年の通常国会で法改正を目指す雇用保険制度見直しに関する政策提言を発表した。政府が掲げる「就職氷河期世代」対策に、職業能力の開発を目的とする「雇用保険2事業」の保険料(使用者が負担)などの積立金を活用する際は、政策目標の明確化や効果の検証が必要だと訴えた。
地方ニュース

【横浜市】中国から介護人材受け入れ、3省市・5学校と覚書締結

浜市は、中国の3省市・5学校と介護分野に関する覚書を結んだと発表した。  介護福祉士を目指す留学生らを横浜市内の介護施設で受け入れ、市などは住居の確保や学費を支援するなどして、介護人材の確保につなげたい考えだ。  市は8月中旬、中国の山東省、臨沂(りんぎ)市、瀋陽市のほか、現地の看護系大学など5校と覚書を締結した。各
国内ニュース

1か月の給料は「マイナス2万円」……。ある技能実習生の給与明細の衝撃

現在、日本で働く外国人労働者は約146万人。そのうち、技能実習生は32万8360人、留学生は29万8980人である。いずれもアジアから来た20~30代の若者が大半だ。改正入管法の施行に伴い、今後5年間で最大34万人の外国人労働者が新たにやって来る。だが、これまで本誌で伝えてきたとおり、すでに深刻な問題が起きている。
国内ニュース

医師会の推進する「かかりつけ医」制度、機能せず 初診料加算、患者6割で「二重払い」

診療所や中小病院の「かかりつけ医」制度の充実を図ろうと、昨年四月に導入された初診料の「機能強化加算」(八十点・八百円)について、健康保険組合連合会(健保連)が患者の受診状況を調べたところ、制度の趣旨に反して患者の約六割が二つ以上のかかりつけ医療機関を受診し、そのたびに八百円を加算されていたことが分かった。加算額は全
国内ニュース

女性派遣社員は見た!年金機構2万件データ紛失の呆れた現場 データの取扱いを日払いバイトに

「年金関連のデータは個人情報の宝庫といえます。いくら給料をもらっているのか、税金をどのくらい払っているのか、家族構成などはもちろん、結婚歴や離婚歴、さらには病歴や中絶経験があることなど、データを読めばその人の“すべて”がわかってしまうのです。そんなデータが2万3千人分も紛失してしまうなんて、本当に恐ろしいことです……」
国内ニュース

れいわ新選組の障害者2人に制度の壁 臨時国会に「登院できない」

重い障害のあるれいわ新選組の舩後靖彦さんと木村英子さんが制度の壁にぶつかり、来月1日に召集が予定される臨時国会に「登院できない」と訴えました。  れいわ新選組・木村英子さん:「8月1日までに結果を頂けなかった場合は、私たちは登院することはできません」  2人は国の障害福祉制度で、重い障害がある人の生
地方ニュース

豚コレラのイノシシ感染が急拡大 岐阜700頭超で毎日見つかる…愛知に福井、三重も

豚コレラウイルスに感染した野生イノシシが岐阜や愛知だけでなく、福井や三重にも広がった。感染イノシシの発見頭数は11日午後7時の段階で、岐阜713頭(27市町村)、愛知36頭(4市)、三重4頭(1市)、福井5頭(4市町)の計758頭。岐阜県内ではほぼ毎日見つかっており、ここ1カ月で急速に感染イノシシの分布が広がった。東海地域の各養豚協会
地方ニュース

【白襟職場】姫路市が庁舎内室温を環境省呼び掛けの28度から25度に 「働き方改革の一環」

1: 水星虫 ★ 2019/07/09(火) 15:17:28.03 ID:Mif/nxJ79 姫路市が庁...
国内ニュース

【医療】かかりつけ医を定額制に 過剰な診療抑制 厚労省検討

厚生労働省は患者が自分のかかりつけ医を任意で登録する制度の検討を始めた。 診察料を月単位の定額として過剰な医療の提供を抑えたり、かかりつけ医以外を受診する場合は負担を上乗せして大病院の利用を減らしたりする案を検討する。 身近なかかりつけ医が効率的な治療や病気の早期発見にあたる仕組みを普及させ、医療費の伸びの抑制を狙う。
国内ニュース

【医療現場から】「日本はお人よしの国ではない」医療費未払いは入国拒否も 自民・自見英子氏が提言

自らも小児科医の経験を持つ自見英子参院議員は自民党の外国人観光客に対する医療プロジェクトチームで問題に取り組み、提言をまとめた。  提言では国が希少言語への対応を支援することや、医療費の悪質な未払いがある場合は再上陸拒否もできるようにすることなどを求めた。
国内ニュース

【おまいう】パソナグループ南部代表「外国人労働者受け入れ、移民政策と何が違うのか」「慎重に進めるべき」

人手不足が深刻化している状況は理解できるし、喫緊に解決すべきことだと思っている。しかし、安易に外国人労働者を数十万人単位で受け入れる、という政府の発表には時期尚早の印象を受けた。“外国人労働者”と柔らかい表現で言い換えられてはいるが、いわゆる“移民政策”と何が違うのか。国家のあり方に関する問題をこ
地方ニュース

【千葉】ニセ看護師がインスリン注射や採血 看護師免許の写し偽造 54歳男を逮捕

偽造した看護師免許証を使い千葉県柏市の特別養護老人ホーム(特養)で働き注射や採血をしたとして、県警は6日、保健師助産師看護師法違反と偽造有印公文書行使の疑いで、同県鎌ケ谷市鎌ケ谷、下條康司容疑者(54)を逮捕した
国内ニュース

丸山氏問題発言で考える「人はなぜ酒乱になるのか」 日本人の半数に「下戸遺伝子」「酒乱は遺伝子に支配されている」

人はなぜ、酔うと常識外れの言動に及ぶ「酒乱」になるのか。「酒乱になる人、ならない人」(2003年)の著者で脳神経内科医の真先敏弘・帝京科学大教授に、そのメカニズムや注意点を聞いた。【毎日新聞統合デジタル取材センター・和田浩幸】
国内ニュース

【政府】保険証利用時、顔認証システムでチェック=マイナンバーカードで検討

マイナンバーカードを健康保険証として使えるようにする制度が2021年3月にも始まるのに合わせ、病院を受診するときに顔認証による本人確認システムを導入する案が政府内で浮上していることが分かった。 他人によるカードの不正利用を防ぐとともに、各種手続きの電子化の普及にもつなげる狙いがある。