地方ニュース

【福井】知事選で勝手に投票、老人施設管理者ら5人逮捕 投票偽造疑い

知事選で勝手に投票、老人施設管理者ら5人逮捕 福井県警、投票偽造疑い

4月7日投開票された福井県知事選を巡り、同県大野市内の介護老人福祉施設で意思表示ができない入所者の投票用紙に候補者名を記入して不在者投票したとして、県警捜査2課と福井、大野両署は19日、公職選挙法違反(投票偽造)の疑いで施設の管理者の男(86)=大野市=と職員4人を逮捕した。今回の統一地方選で県内から逮捕者が出たのは初めて。

 4人の職員は▽大野市の女(44)▽同市の女(52)▽勝山市の男(43)▽大野市の女(40)の各容疑者。

 逮捕容疑は、5人は共謀し4月上旬、施設に入所する有権者5人が投票に関する意思表示ができないにもかかわらず、本人の意思を確認しないまま投票用紙に特定の候補者の名前を記入して大野市選管に送付し、投票を偽造した疑い。

 同施設は県選管から不在者投票できる施設に指定されており、86歳男は施設管理者、43歳男、40歳女は代理投票補助者、44歳女、52歳女は投票立会人を務めていた。

 関係者によると、86歳男は特定の候補者を支援していたという。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットの声

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキング参加中です。
清き1クリックお願い致します。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

フォローする
日本第一!ニュース録

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク