国内ニュース

【羽鳥慎一モーニングショー】 “皇族減少”「女性宮家」創設は?

goo番組情報:羽鳥慎一モーニングショー

スタジオでは皇族減少について解説された。小泉内閣の時に皇室典範に関する有識者会議の報告が出され、皇室継承資格を女子や女系の皇族に拡大することが適当であるというものがあった。その後、悠仁さまのご誕生で皇室典範改正の議論はストップした。

スタジオでは皇族減少について解説された。専門家によると、議論をしないという結論も当然、出せないので、国の根幹に関わるとして14年経過しているという。また女系についても慎重派がいるという。

スタジオでは皇族減少について解説された。悠仁さまが皇位継承される時、皇室に残るのは悠仁さまご一家のみの可能性もあるという。皇室典範特例法の可決にあたって付帯決議があるという。付帯決議として政府は安定的な皇位継承を確保するための諸問題、女性宮家創設等について、皇族方のご年齢からしても先延ばしすることはできない重要な課題であることに鑑み、本施行後速やかに検討を行うとしている。

スタジオでは女性宮家について解説された。女系天皇とは母のみが皇統に属する天皇で、歴史上存在しないとされており皇室典範改正が必要であるという。専門家によると、本来は法改正して女性宮家の創設も可能にすべきだが14年間議論して何も変わっていないという。

タレント・高木美保、作家・ノンフィクションライター・石戸諭。
皇室ジャーナリスト・山下晋司。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットの声

 

管理人の声

例のパネルには、女性宮家と女系継承容認2つの可能性しか示されていませんでした。

旧宮家に関しては、保守派と安倍政権の関係という脈略の中で、簡単に触れられていただけ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ランキング参加中です。
清き1クリックお願い致します。

 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

フォローする
日本第一!ニュース録

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク